【PowerShell】指定したレジストリキーにエントリを追加する

PowerShellで
 ・指定したレジストリキーに
 ・エントリを追加
できます!

作成したPowerShellのプログラムを
管理者権限で実行します!
※一般ユーザーのアクセス権限が無いレジストリも存在するため。

PR

コード

ここでは例として、以下のレジストリを追加します。

レジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\.NETFramework\v4.0.30319
エントリSchUseStrongCrypto
種類Dword
00000001
実行前
実行前


ファイルへ以下のコードを記載して、保存します。
※今回はデスクトップ配下にファイル名「sample.ps1として保存しました。

# レジストリキー
$regKey = "Registry::HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\.NETFramework\v4.0.30319"
# エントリ
$entry = "SchUseStrongCrypto"
# 種類
$type = "Dword"
# 値
$value = "00000001"

$ws = New-Object -ComObject Wscript.Shell

try
{
    # レジストリキーにエントリを追加
    New-ItemProperty -LiteralPath $regKey -Name $entry -PropertyType $type -Value $value -ErrorAction Stop
    $ws.popup("正常終了しました。")
}
catch
{
    $ws.popup("エラー : " + $PSItem)
}

「New-ItemProperty」コマンドレットにより、レジストリキーにエントリを追加します(15行目)

PR

実行方法

PowerShellを管理者権限で起動して、作成したPowerShellのプログラムを実行します。

PowerShellを管理者権限で起動
PowerShellを管理者権限で起動
実行コマンド

C:\Users\lunch\Desktop\sample.ps1

PR

実行結果

指定したレジストリキーにエントリを追加できました。

実行結果①
実行結果①
実行結果②
実行結果②
実行結果③
実行結果③
PR

参考

上記のコードで使用した以下の詳細は、公式サイトをご確認ください。

●「New-ItemProperty」コマンドレット

タイトルとURLをコピーしました