【PowerShell】Excelファイルの指定したシートをPDFファイルとして出力する

PowerShellで
 ・Excelファイルの指定したシートを
 ・PDFファイルとして出力
できます!

コード

ここでは例として、
 ・デスクトップ配下の「sampl_001.xlsm」のシート「sample」を
 ・PDFファイルとして出力
します。

デスクトップ配下の「sampl_001.xlsm」
デスクトップ配下の「sampl_001.xlsm」
シート「sample」
シート「sample」
# Excelファイルのパスを指定
$excelFile = "C:\Users\user\Desktop\sampl_001.xlsm"
# シート名を指定
$sheetName = "sample"
# PDFファイルの出力フォルダを指定
$outputFolder = "C:\Users\user\Desktop"

# ExcelのCOMコンポーネントを取得
$excel = New-Object -ComObject Excel.Application

$ws = New-Object -ComObject Wscript.Shell

try
{
    # PDFファイルのファイルパスを作成
    $pdfFile = $outputFolder + "\" + $sheetName + ".pdf"

    # ExcelファイルをOPEN
    $book = $excel.Workbooks.Open($excelFile)

    # PDFファイルとして出力
    $book.Worksheets($sheetName ).ExportAsFixedFormat(0,$pdfFile)
    
    # ExcelファイルをCLOSE
    $book.Close()

    $ws.popup("PDFを出力しました。")
}
catch
{
    $ws.popup("エラー : " + $PSItem)
}
finally
{
    # Excelを終了
    $excel.Quit()
    [System.Runtime.InteropServices.Marshal]::FinalReleaseComObject($excel) | Out-Null
}

「Excelファイルのパス」を設定します(2行目)。
「シート名」を設定します(4行目)。
「PDFファイルの出力フォルダ」を設定します(6行目)。

「ExcelのCOMコンポーネント」を取得します(9行目)。

「Worksheetオブジェクト」の「ExportAsFixedFormat」メソッドにより、PDFファイルとして出力します(22行目)。

実行結果

Excelファイルの指定したシートをPDFファイルとして出力できました。

実行結果①
実行結果①
実行結果②
実行結果②
実行結果③
実行結果③

参考

上記のコードで使用した以下の詳細は、公式サイトをご確認ください。

●「Worksheetオブジェクト」の「ExportAsFixedFormat」メソッド

タイトルとURLをコピーしました