【PowerShell】Webサイトからファイルをダウンロードする

Power Shellで
 ・Webサイトから
 ・ファイルをダウンロード
できます!

コード

ここでは例として
 ・郵便局のサイトから
 ・郵便番号データ(全国一括)のzipファイルをダウンロードして
 ・デスクトップ配下に保存
します。

# ファイルのURL
$url = "https://www.post.japanpost.jp/zipcode/dl/kogaki/zip/ken_all.zip"
# 保存するファイルパス
$filePath = "C:\Users\user\Desktop\ken_all.zip"

$ws = New-Object -ComObject Wscript.Shell

try
{
    # ダウンロードを実行
    Invoke-WebRequest $url -OutFile $filePath
    $ws.popup("ダウンロードに成功しました。")
}
catch
{
    $ws.popup("エラー : " + $PSItem)
}

「ファイルのURL」を指定します(2行目)。
「保存するファイルパス」を指定します(4行目)。

「Invoke-WebRequest」コマンドレットにより、ダウンロードを実行します(11行目)。

実行結果

Webサイトからファイルをダウンロードできました。

実行結果①
実行結果①
実行結果②
実行結果②

参考①

.NETライブラリの「Net.WebClient」クラスの「DownloadFile」メソッドでも、Webサイトからファイルをダウンロードできます。

#ファイルのURL
$url = "https://www.post.japanpost.jp/zipcode/dl/kogaki/zip/ken_all.zip"
#保存するファイルパス
$filePath = "C:\Users\user\Desktop\ken_all.zip"

$ws = New-Object -ComObject Wscript.Shell
$webclient = New-Object Net.WebClient

try
{
    #ダウンロードを実行
    $webclient.DownloadFile($url,$filePath)
    $ws.popup("ダウンロードに成功しました。")
}
catch
{
    $ws.popup("ダウンロードに失敗しました。")
}

参考②

上記のコードで使用した以下の詳細は、公式サイトをご確認ください。

●「Invoke-WebRequest」コマンドレット

参考③

郵便局の郵便番号データのページです。

タイトルとURLをコピーしました